「きらぼし歩中会」の井上修さんのお孫さんが、「ストライダー北京大会」に日本代表で出場しました。

  1.  幼児用バイクにペダルが無く、足で地面を蹴りながら激しい起伏のあるコースで競う「ストラダー」。本年8月の「ストライダー北京大会」に、井上さんのお孫さん「優海大ユウダイくん」4歳児部門の日本代表で出場しました。レースは40名で行われ、予選は10名中トップで通過しましたが、準決勝で惜しくも転んで敗退したようです。(写真上でクリックすると映像がクリーンになります)

左から2人目、優海大くん     Strider Japan 2019 in Beijing

 

Strider Japan  優海大くん(右端)(写真上でクリックすると映像がクリーンになります)

 9月1日には、千葉県匝瑳市・そうさ記念公園開かれた「colors 2019」(青字上をクリックするとリンクされます)キッズストライダー大会も行われ北京大会からの遠征後、帰ってから休む間もなく大会に出場し、見事2位に入賞しました(写真下)。その1週間後には、滋賀県まで遠征したようです。毎週のように家族で頑張って、出かけているようですが、本人は幾度のケガも何のその、負けずに頑張っているようですので、ある中会メンバーとしても陰ながら応援をしていきたいですね。

2位に入賞した優海大くん (第18回 STAY GOLD CUP)於:匝瑳市そうさ記念公園

 

 

"「きらぼし歩中会」の井上修さんのお孫さんが、「ストライダー北京大会」に日本代表で出場しました。" に5件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA