きらぼし歩中会2019年10月のウォーク案内 第143回 初秋の旧東海道と長坂邸屋上パーティ

(写真上でクリックすると拡大されます)

皆様から、再度のご要望が強かった長坂さん宅での屋上パーティを兼ねたウォーキングです。今回は長坂さんご自慢のピザ窯で焼きたてのピザをご馳走いただけるとのことで本当に楽しみです。(晴天時)長坂さんには大変なご負担とご迷惑をお掛けすることになりますが、よろしくお願い致します。

ウオークは旧東海道を青物横丁駅付近から北品川駅近くまでを巡ります。都内の東海道でほぼ江戸時代と同じ所を通る旧道として残っているのは、品川宿と大森仲町付近だけです。現在はほとんど国道15号線(第一京浜)と重なっています。この旧東海道の趣が私は大好きです。歩いているとヤジさんとキタさんが飛び出して来るのではないかと、辺りを見回してしまいます。木曽の中山道のごとく、行政と地元が力を合わせて保護しているわけでは無いのに、私には歩いている間、ずっと江戸の香りがするのですが、私だけでしょうか。沿道沿いにお寺が多いことと、目黒川を渡ることなどが影響しているかなとは思いますが、地元の方々が町並みを大事にされているのが一番なんでしょうね。江戸の世の住民になったつもりでゆっくり歩いてみてください。

北品川から少し南に戻って、北品川宿の鎮守、品川神社に寄っていきます。徳川家ゆかりの神社です。6月の大祭は北の天王祭と呼ばれ、53段の石段を神輿が上がり下りする様が見ものです。千貫神輿と呼ばれる大神輿は有名です。品川富士(富士塚)に登ってみましょう。今、歩いてきた品川宿が随分と下に見下ろせます。旧東海道と標高差は20㍍位はあるでしょうか、眺望の素晴らしさに感動します。こちらから高級住宅街として知られる城南五山を巡る道の出発点にもなっていますが、歩くのは次の機会にしましょう。

品川消防署の前を通り、目黒川に出てJR線の下をくぐり目黒川沿いを長坂さん宅に向
かいます。この辺りの目黒川も桜の時期には大勢の花見の方で賑わいます。大崎駅北
側はここ数年で、工場街がすっかり高層ビル群に一変しました。オフィスビルが林立
し、タワーマンションも目立ちます。午前中で帰られる方も、大崎駅近くまでどうぞ
歩いて目黒川のマイナスイオンをお楽しみください。大崎駅付近から30分程度で長坂
邸に到着します。午後1時頃の予定です。

以上

"きらぼし歩中会2019年10月のウォーク案内 第143回 初秋の旧東海道と長坂邸屋上パーティ" に1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA