東京歩中会 10月のウォーク案内 「隅田川テラスを秋風に吹かれて」

当会でも隅田川沿いは何度も歩いていますが、私は、歩く度に新発見があったり、江戸情緒が垣間見えたり、毎回新鮮さを感じていますが、皆様はいかがでしょうか。
隅田川テラスが始まる勝ちどき橋を起点に上流に遡り、浅草の吾妻橋(青字をクリックすると隅田川の橋の写真が現れます。)まで足を伸ばしましょう。当日の皆様のご意向にもよりますが、スカイツリータワーに登ってみるのも良いですね。打ち上げは神谷バーが空いていたら寄りたいですね。でも浅草は、秋真っ盛りのこの時期、外国人観光客も多くて、どこも一杯かも知れませんね。

勝ちどき橋を渡り、「かちどき 橋の資料館(青字をクリックすると資料館情報が現れます。)に寄りましょう。あと1~2年で移転してしまう築地市場の場外をのぞいてみましょうか。快適なテラスを歩いて永代橋、清澄橋と向かいます。関東大震災後の震災復興事業で、当時、世界一美しいと呼ばれたドイツ・ケルンの大吊橋をモデルに曲線的かつ女性的で優美な雰囲気の清澄橋が架けられました。私は数多くの隅田川の橋の中で、一番好きな橋ですね。新大橋から両国橋の間は護岸工事が続いており街中を歩きます。蔵前橋、厩橋、駒形橋と、両岸にテラスが続きます。いずれの橋も渡りながら川風を受けて江戸時代にスリップしてみましょう。

雷門が近づくと、とたんに人通りが多くなります。吾妻橋を渡り、墨田区役所に勝海
舟の銅像が立っています。徳川幕府から明治政府へスムーズに橋渡しが出来た最大の
功労者です。右手を突き出した海舟像は、新しい日本を思い描き、アメリカを指して
います。もう一度吾妻橋を渡り返して神谷バー辺りでゴールとしましょう。

指輪指す勝海舟像写真集 (写真上でクリックすると拡大されます。)

  • by chokotanさん
  • 勝海舟銅像by Katsumi1956さん
  • by Toratoraさん
  • by tenkuusogoさん
  • by gardeniaさん
  • by yonomamaさん
  • by 緑のポストさん
  • by kazekozoさん
  • 「墨田区役所」目の前に…by 14号館さん
  • 「勝海舟銅像」が建てられていますby 14号館さん
  • 雄々しく墨田区民…いや、日本人を鼓舞している姿ですby 14号館さん
  • でも勝さん、腕に鳩とまったままですよ

"東京歩中会 10月のウォーク案内 「隅田川テラスを秋風に吹かれて」" に3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA