東京歩中会 5月のウォーク案内 「谷津干潟から幕張新都心へのみち」

(写真上でクリックすると大きくなります。)

谷津遊園、我々世代には懐かしいですね。私の記憶では小学校の3年生頃の遠足で 行った記憶があるのですが。遊園地にどんな乗り物があったのか、記憶は全くありま せん。京葉道路の開通や、公団の団地建設などの影響で昭和57年に閉園したようで す。遊園地の一番人気がサーフジェットで、ジェットコースターの軌道の一部が、谷 津干潟の上を走っていました。海の上を走るジェットコースターとして人気を博した ようです。このジェットコースターに乗ったことがある方がいらっしゃれば、是非思 い出を聞かせていただきたいですね。

私が遊園地で一番の思い出は、豊島園のウォー タージェット(乗り物名も定かではありませんが)です。20人くらいを乗せたボート が、高台から池に向かってレール上を滑走し、池に飛び込みます。池に着水した後 は、船となり着岸します。乗っている時間は一瞬ですが子どもの一番人気で乗るまで 随分と長い時間が掛かります。このボートの舳先には滑走から着水まで若い船頭が 立ったまま乗って着水の瞬間には舳先で大ジャンプします。このシーンは60年位経っ ていますが忘れることが出来ません。話が横道に逸れてしまいました。

谷津遊園にあったバラ園も昭和63年、習志野市の都市公園として復元されました。静 的なバラに動的な水の流れを配し、造園の美しさを楽しめるよう塑像を配置するな ど、年間を通して多くの方に親しんでいただけるように工夫されています。800種 類、7,500株のバラが楽しめます。保護植物であるハンカチの木も鑑賞することがで きます。有料施設です。65歳以上の方は割引があります。免許証や保険証などの証明 書をご用意ください。

谷津干潟公園は、渡り鳥の飛来地となっている谷津干潟の保全と自然とのふれあいが 楽しめることを目的として整備された都市公園です。平成5年に特別保護地区部分が ラムサール条約登録地となりました。東京湾に残された貴重な干潟で、シギ、チドリ など水鳥の生息地です。

海浜公園、秋津公園、香澄公園など習志野緩衝緑地を経て、日本有数の規模を誇るイ ベント会場の幕張メッセがある幕張新都心を目指して歩きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA