東京歩中会 10月のウォーク案内 唱歌「春の小川」の舞台の渋谷川を巡るみち


渋谷川は、新宿御苑に水源を持つ流量豊富の川でその支流の河骨川は、唱歌「春の小
scn_0001-4農村の小川のようなのどかな風景が戦後しばらく存続し
ていました。

渋谷駅東口の歩道橋に昇と三面コンクリートの渋谷川が見えます。明治
通りから金王神社を参拝しましょう。源頼朝が植えて「金王桜」と名付けた桜が有名です。一つの枝に八重と一重の花が混じって咲くようです。

恵比寿橋から新橋を過ぎると、黒田長政を供養するため嫡子の忠之が建立した祥雲寺があります。古川と名前を変えた流れは一之橋で向きを再び東に変えます。この辺りが麻布十番で外国人の姿を多く見るようになります。各国の大使館も多く賑やかな商業地区で活気溢れる町並
みが続きます。

芝公園と増上寺で休憩しましょう。JR線を潜ると東京湾はもう間近
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA