きらぼし歩中会 平成30年12月のウォーク案内 第135回『鎌倉忘年会ウオーク・化粧坂切り通し』

鎌倉忘年会ウォーク・化粧坂切り通し

鎌倉七ヵ所の切り通しうち六ヵ所は歩いています。残るは朝比奈切り通しだけですが、金沢八景駅方面からの出発になり距離があること、沢沿いの道のため滑りやすいことで二の足を踏んでいます。年末よりも青葉の季節が良いかなと思っています。化粧坂(けわいざか)切り通しは、平成20年の12月に日本ウオーキング協会主催の歴史ウオークに参加して一度歩きました。扇ケ谷から藤沢・武蔵方面へ通じていた鎌倉上の道の出入り口にあたる防御拠点となっていました。、地名の由来は、討ち取った平家の武将の首を実検する前に化粧をした所だったからとか、あたりに娼家があったからだとかいわれています。

北鎌倉駅から鎌倉街道を建長寺方面に向かい、亀ヶ坂切り通しに入り、化粧坂切り通しへ向かいます。途中、浄光明寺に寄りたいと思っています。清楚な境内に収蔵される阿弥陀三尊像は美術品の価値も高く、スイセンも咲き始める季節で少しのんびりとしましょう。(拝観料200円)横須賀線のガードを潜り、化粧坂切り通しに入り、坂をゆっくり登ります。距離はたいしたことがありません。登り切った所が頼朝像がある源氏山公園です。ここで昼食にしましょう。

午後は当会でもお馴染みの、銭洗弁財天、佐助稲荷神社をお詣りして、鎌倉大仏の高徳院か、冬の庭園も見事な長谷寺を拝観して由比ヶ浜に出ましょう。鎌倉海浜公園で相模湾の海の香りを満喫して、若宮大路を鎌倉駅に向かいます。 

                                       (井上 修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA