きらぼし歩中会 30年9月のウォーク案内 第132回 『皇居ぐるっと巡るみち 2』

平成24年9月23日に、当会69回目の例会として一度歩いたコースですが、当日は朝か
ら大雨で、予報も悪く参加者は僅か8名、皇居東御苑で昼食後、散会となりました。
今回この素晴らしいコースに再度挑戦してみましょう。外国人観光客でにぎわう二重
橋から、国の重要文化財の桜田門を抜けて、旧江戸城を一周します。周辺には国会議
事堂や武道館など歴史のある建物が多く、眺めも楽しめます。

(写真上でクリックすると拡大されます。)

皇居前広場を抜けると、東京を代表する観光スポット「二重橋」です。手前のめがね 橋は、正式には皇居正門石橋で、奥は皇居正門鉄橋です。建物は京都の伏見城から移 したと伝わる伏見櫓です。お堀に沿って南に行くと桜田門です。安政7年、この門の 近くで大老井伊直弼が水戸浪士によって暗殺された「桜田門外の変」が起きたことで 知られています。国会議事堂を眺め、最高裁判所と国立劇場を過ぎれば、半蔵門で す。

半蔵門の北は千鳥ヶ淵で、春は都内有数の桜の名所です。九段坂上から靖国神社の境 内を散策し、田安門から日本武道館の前を通り、緑豊かな北の丸公園に入ります。北 桔橋門から皇居東御苑に向かいます。江戸城天守閣跡に登り、変貌を続ける大手町オ フィスビル街の展望を楽しみます。大手門から東京駅は直ぐ近くです。お上りさん か、外国人観光客になった気分で歩いてみましょう。東京のお膝元の素晴らしさと清 潔さに改めて感心されること受け合いです。


                              (井上 修)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA