”peace boat 79th 2013”での仲間、高山さんよりお便りを頂きました。

   ※ 偶然に当ホームページを見た、PB79thの仲間、高山さんからお便り、写真が届きました。
 
 
私から貴男に何年ぶりにメールを差し上げるのでしょうか。
 
79回ピースボートで一緒でした三重県の髙山です。 兄が町田の髙山 功です。
 
メールを差し上げたのは、今日たまたまパソコンを見ていたら「5匹のおっさんキャンプ in shima」なるところに行きつき、本文を読まずに添付された写真を見ていたら?!これはわが家の前の海岸の赤い灯台とよく似てるなぁ~と思い本文を読んだら大淀キャンプ場で2泊のキャンプをと。私の住所は明和町大淀******ですからお分かりいただけると思います。
2019.7.30 なら旧満州の旅から帰国して自宅におりましたのに残念です。
 
今日、金谷宗敏さん、通称「宗やん」に連絡して貴男の携帯電話(***********)に電話したところ違う方が出て、貴男が以前に使用していた番号のようでした。
 
そこで思い出したのが貴男のメールアドレスでした。
 
5人の面々も記憶にあり、事前に分かっていれば美味しい松坂肉の差し入れでもさせていただき、79回の詳しい航海記録など、持参できたのに残念でありました。
 
私も歌声「たんぽぽ」の方々とは東京や関西で会ったり、宗やんとは鳥取の大仙や三重県の鳥羽で会ったりしております。
彼はキャンピングカーを買ったようでこの夏には三重県の伊勢志摩から紀伊半島に来るとの連絡をいただいております。
 
ダイヤモンド・プリンセス号でのコロナウィルスの感染を見ていたらクルーズはリスクが大きいなぁとの思いがありますが、できればもう一度、地球一周の船旅をと思っております。
 
特にイースター島のモアイ像が林立する様をこの目で見たいとは思っておりますが、トリプル疾患保持者ゆえに今回のコロナウイルスの感染→重篤化→三途の川には二の足を踏む部分があります。
 
何はともあれお元気なご様子、東京もコロナウイルスで緊急事態宣言が解除されるには程遠い状況にありますが、三重県も感染者数は人口比率からしても少ない(45名)ですが、この大淀地区からも感染者が出て、地区唯一の診療所が休診状態になる影響が出ております。
 
この事態で国内外の旅の計画が全て頓挫して引き籠り状態ですが、終息したらまたぞろクルーズにはと思っております。
 
以上、たまたま見かけた貴男のブログから連絡をさせていただきました。
 
添付した写真は今年の1月にポルトガルに旅した時のものです。
ポルトガルの旅行から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA