”野鳥のひな”特集で~す。え~人間ひなも—!!(寄稿者:鎌田)

(contributor:kamata motoji) 野鳥のひな誕生記 今年(平成26年)6月3日から宮古島へ野鳥の撮影に行った時の紀行文(?)を寄せた鎌田です。 7月3日に、一人娘が出産し、じじ&ばばになりました。 初孫は、何よりかわいいとよく言われますが・・・かわいいです!! なので、遠出の野鳥撮影は、しばらくお休み・・です。 5月から7月初めにかけては、野鳥たちも出産ラッシュでかわいいひなが見られます。そこで、娘の出産前に、近場の公園のひなを撮影しました。 親は、交代で巣をあたためたり、補修をしたり、餌も何回も運んできます。感動ものです。 カイツブリのひなも、ツバメのひなも、顔中を口にする勢いで、大きな餌をほおばります。生命力の強さを感じますね。 人間のひな(*^^*)・・も負けていませんよ。 おなかがすくと、ツバメのようなお顔になって、口パクパク・・あんよバタバタ・・です。おっぱいも勢いよく、時にはむせながら 一生懸命に吸ってるって感じです。 カイツブリひなは、生まれた次の日には、もう水に入っていたし、ツバメひなは、三週間もすれば巣立ちだといいます。
おっぱい飲んできもちよくなった 人間のひなで~す。

おっぱい飲んできもちよくなった 人間のひなで~す。

人間のひな(*^^*)は・・・まだまだですね。 でも、たった二週間(写真。現在は1か月半を過ぎました。)でも随分と表情も豊かになり、顔も大きくなったように感じます。新米ママも少しずつ成長しているようです。 今後の成長を楽しみながら、眺めていきたいと思っています。 いつの間にか人間のひなの話になってしまいましたが、秋になったらまた野鳥の撮影を始めたいと思います。皆さんに見てもらえるような写真が取れたら、また投稿したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA