きらぼし歩中会 30年5月のウォーク案内 第129回 『横浜港公園巡り』

 

(ハガキ上でクリックすると拡大されます)


横浜港に沿って、みなとみらい地区から港の見える丘公園まで行き、中華街から横浜スタジアムのある横浜公園がゴールです。横浜は日本有数の観光地、外国人観光客の多さでもトップクラスでしょう。皆さんも良くご存じの観光地を歩いて堪能なさってください。

桜木町駅からみなとみらい地区に向かいます。帆船の日本丸を見に行きましょう。超高層ビルのランドマークタワーを背景にした日本丸の姿は、横浜を代表する景観のひとつです。みなとみらい地区は、臨港パーク、オフィスビル、ホテル、ホール、遊園地と多種多彩の施設で新しい都市機能が計画的に造られています。横浜港沿いを赤レンガ倉庫に向かいます。

横浜には、大正から昭和の初期にかけて建設された建物が数多く残っています。その中でも屋上に塔を持つ建物が三つあり、それぞれに愛称があります。横浜市開港記念館は「ジャックの塔」、横浜税関庁舎は「クイーンの塔」、神奈川県庁舎は「キングの塔」です。三塔を同時に見ることのできる場所は限られていますが、そのポイントを全て回ると「願いが叶う」という都市伝説が生まれました。「横浜三塔物語」です。今日のコース上にも、一望できるビューポイントがあります。探しながらウォークを楽しみましょう。

大さん橋に豪華客船が接岸されているといいですね。大きい客船は高層ビルを横にし
て海に浮かんでいるように見えるとか。乗船出来なくても、近くで見てみたいです
ね。「クジラの背中」と愛称される大さん橋の広いウッドデッキの屋上で、潮風に吹
かれながら、港に出入りする船を眺めていると時間の経つのを忘れてしまいそう
す。

山下公園では、赤い靴をはいていた女の子像と氷川丸が、いつの時代も人気の記念撮
影場所です。港の見える丘公園の展望台は、ベイブリッジを間近に見ることができ、
夜景の美しさで知られています。元町通りから中華街を経て、横浜スタジアムのある
横浜公園を目指します。2020年のオリンピックでは、野球は横浜スタジアムで行われ
るようです。スタジアムの改修が始まりましたし、横浜公園一帯も大きく変わって、
新しい横浜の顔に発展するでしょう。

(井上 修)

"きらぼし歩中会 30年5月のウォーク案内 第129回 『横浜港公園巡り』" に2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA