”旧中川の道” 汗ばむ陽気のなか、のんびり歩いてきた10月のウォーク

IMG_0529旧中川は東京都が40年間かけた改修整備事業により、 緑化された河川敷が誕生しました。 快適な水辺の道が荒川まで約5㎞続き散歩道としては最高です。 気温25度と汗ばむ陽気のなか、のんびり歩きました。(写真上でワンクリックすると写真が拡大されます。)

川の魚は鯉ではな、大きなボラ(体長30㎝を有に超える)

にビックリ。真水ではなく海水が入り込んでいるんだと実感しました。 お昼は荒川河川敷で、工藤ちゃんが日本酒、橋田君がブランディーの差し入れで良い気持ちに。 午後からは中川沿いを立石まで、水量は多くなり大河の趣に。川沿いは工場群からマンションに 変貌して静けさを感じる住宅街となってます。中川の遊歩道もコンクリートで固められてはいますが 眺めも良く、整備された散歩道が続きます。土曜日なのに人が歩いていません。こんなに良い道なのに もったいないですね。

ゴールは長坂さんに教えられた24H営業の磯村水産へ。二人の可愛い店員さんに 大いに盛り上がりました。橋本さんもドイツから一時帰国して久しぶりに参加。ドイツは日本より相当 寒いと聴いたくらいであとは何を話しましたか。酔っぱらってたのかな、定かではありません。

 

長坂より一言:今回も用が重なり、参加できませんでした。橋本さんが折角ドイツから一時帰国、参加をしてくれたのに残念です。 今回は、井上さんに頼んで下見の時に小野さんと一緒に連れて行ってもらい、立石駅側にある「鳥房」の立石名物(若鳥の半身から揚げと綺麗どころのおばさんが、下町特有の怖い応対をしてくれる。)を楽しんできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA