3月のウオーク「五つの武蔵野の公園巡り」

歩いた公園は、順番に 「①府中の森公園」、「②浅間山公園」、「③武蔵野公園」、 「④野川公園」、「⑤武蔵野の森公園」(調布飛行場を含む)、番外として「⑥多磨霊園」、 「⑦東京天文台」となんと七つの緑地を巡りました。

東京都に「武蔵野の森」構想があります。

上記の公園と味の素スタジアムと新しく建築予定のアリーナ等を含めて 東京オリンピック競技施設の建築計画があるようですが、間に合いますかどうか。 東京都の中でも最大級な緑地が拡がることになります。

今回はウオークの大先輩、大久保忠則さんが久しぶりに参加されました。 膝の具合が悪いとのことで浅間山公園でリタイアされましたが、これからも ご参加をお待ちしております。

ALIM1693

多磨霊園では10年前に亡くなられた小林馨さんのお墓にお参りさせて いただきました。とみんのウオークの先駆者で歩中会(あるちゅうかい)の 命名者でもあります。本当に素敵な方でした。長坂さんに小林さんの写真を 用意していただき、馨さんを偲ぶことができて胸がいっぱいになりました。

[huge_it_slider id=”46″]

東京天文台では、大きな満開の桜を期待しましたがやはり少し早かった ようです。でも天文学の研究施設として構内は独特の雰囲気が漂って ましたね。ここから近い三鷹の航空宇宙研究開発機構(JAXA)も桜の時期に 構内を開放しています。大きな桜で一杯です。いつか計画してみましょう。

現代は民間資本によって大規模なショッピングセンターが次々にオープンして おります。採算が取れない公園や緑地を確保、維持していくのも行政の大きな 負担になって大変だと思いますが頑張って欲しいものですね。

ゴールは味の素スタジアムを通って飛田給駅を予定してましたが、バスで 武蔵境駅に出て打ち上げとなりました。

"3月のウオーク「五つの武蔵野の公園巡り」" に3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA