4月のウォーク案内『市川の歴史と近代文学のみち』

市川は、下総の国府が置かれた土地。国府台や真間は、古代の 史跡が点在しています。小説家や俳人など、文学者が好んで 暮らした街でもあります。

2016-4walk

京成線を越えて、「文学の道」とも呼ばれる桜土手公園を歩き ましょう。ここなら真間川沿いの道まで、永井荷風、幸田露伴、 北原白秋など、市川にゆかりのある小説家や俳人の紹介板が 点在しています。下総国分寺は、奈良時代、全国に建立された 国分寺の一つです。

じゅん菜池緑地の周辺は、東京近郊とは思えないような緑濃い 風景です。

里見公園は、戦国時代の里見氏と北条氏の古戦場。園内には 北原白秋の旧宅もあります。里見公園からは、江戸川の岸に 沿って、市川駅に戻りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA