TVショッピングの撮影収録で鎌倉・稲村が崎へ

ALIM1017

かわいらしい江ノ電

毎月一回土曜日に目黒区の東山社会教育会館で、 約20名の男性会員がいる『男の料理教室』 に通っている。4年前目黒区主催の男の料理 教室の募集があり、毎土曜4回開かれた。 生徒達の間から引き続いてやりたいという声が あがり、3人の女性の先生の中から野川先生が 教えてくれることになった。もうそれから 4年間、毎月和洋中の中からレシピーを考えていた だいて、皆不器用な手で作っている。完成後 は皆でいろいろ自己評価をしながら美味しく 頂いて帰る。

そんな野川先生の下に、TVショッピングの出演の依頼がきた。油を使わないで簡単に、短時間で作れる『ノンフライヤー』を紹介するためだ。

教室の中から小生と世話役の森さんが、先生の自宅(兼料理教室)がある鎌倉市稲村が崎まで、撮影のお手伝いに行った。ご自宅は鎌倉のロケーションにマッチしたお家で、広々とした厨房から、広い窓越しに青々とした木々、空がまぶしいぐらいに目いっぱいに溶け込んでくる。

かの生徒さん3人の計5人でノンフライヤー料理に始めての挑戦をしてみた。小生が作ったのはスプラウトのナムルと餃子、これを一緒にフライヤーに入れ、10分でできると言うものだ。野菜は蒸す、餃子は焼く、これが一度で出来てしまう。夫婦二人の食事であれば、量的にも、時間的にも、カロリー摂取にもすばらしいの一言に尽きる。スプラウトはしんなりとぎょうざは、ヒダヒダのところが焦げ目がつきパリパリで、餃子の底はやわらく口の中に両方の食感が広がり、オイルを感じさせない餃子が美味しく不思議な食事感を感じた。 メーカーから発行されているレシピー本には、148種類のレシピーが紹介されてた。

その他には。カジキの照り焼き、ブリの竜田揚げ、フライドチキン(なんときゅうりのピクルスも同時に作ってしまう)、 鶏のから揚げ。どれもいずれの食材を使い美味しくいただけたが、小生は鶏の唐揚げが一番美味しかった。 揚げていないのに揚げているよう感じで、食感も揚げたのとそんなにそん色はなかった。

OAの予定は、9~10月頃になる予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA