日本一周 part4-1  東東北の旅=三内丸山遺跡・三陸海岸(三鉄の旅)

日本一周 Part4-1⃣  2022/7/28~8/2(5泊6日)

【青森県、岩手県、宮城県  7/47】 7月28日29日(1,2日目)

今回の予定コース:

7月28日(木) 東京15:20~新青森18:39 ¥17870 (大人の休日俱楽部30%引きで購入 ¥12360)

7月29日(金) 新青森~野辺地~下北~恐山

7月30(土) 恐山~下北~野辺地~八戸~久慈

7月31(日) 久慈~島越~岩本小本~龍泉洞~宮古~浄土ヶ浜~宮古~大船渡

8月01日(月) 大船渡~奇跡の一本松~気仙沼~本吉~柳津~前谷地~仙台

8月02日(火) 仙台~国府多賀城~仙台~東京

北海道&東日本パス7日間、11,330円(JR+BRT普通・快速列車使用)購入する。実際の運賃と比較してみる。

2日間の運賃と距離

路までにいくらお得になるか?翌日は三鉄がメインでBRT,JRは乗車しない。

7月29日 JR 新青森~~下北   2,220円    104.0km

7月30日 JR 下北~八戸     2,530円    106.9km

7月30日 JR 八戸~久慈     1,340円    64.9km

JR+青い森鉄道計(2日間計)  6,090円   275.8㎞

私の日本一周=私は2021年、自動車免許書を返納した。そしてピースボート世界一周の船旅『オーロラの旅』を半ば諦め、後期高齢者の2歩手前から記録に残す日本一周』の旅を考えてみた。全てをキャンピングカー、オートバイ、自転車、ウォーキングなどとかっこいい!ものではない。

移動手段は、電車、バス、BRT、自転車、ウォーク、そしてツーリズムのツアーを利用して回ることにした。

一度に回れないので、2年、3年いや4、5年かかるかもしれない。資金、体力、自身の健康、家族の健康全てが順調にいかなければ、完成しないのだが『兎に角行動してみよう!』と出かけることにした。基本的には、一人旅だが、家内と行く旅行も入るし、友人等と行くキャンプ、旅行などもカウントされる。

こんな『日本一周』もあってもいいかなと・・・・・。

今回の旅行は長距離になるので、JR発行の『北海道&東日本パスチケット』11330円、JR北海道線、JR東日本線(BRT含む)の普通列車(快速含む)普通自由席、その他に青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道

駅前は飲食店はない。ミラーを使った立派なモニュメントがあった。流石立派な青森美術館を所有している青森県だ。その日の夕食は、ホテルから7,8分ぐらい歩いて、『丸亀』のうどんを食べに行く。

7月29日(金) 駅前よりタクシーで三内丸山遺跡へ。帰路は博物館より電話して呼ぶわけだが、表示されているタクシー会社で、一番早く来てくれるところを選び来てもらった。次の列車に間に合うためにタクシーは欠かせない。しかし、何故か帰路が300円安い1090円。 

縄文時代前期~中期(紀元前約3900~2200年、現在から約5900~4200年前)の大規模集落が、平成4年から始まった発掘調査で」発見された。そして令和3年には北海道・青森・秋田・岩手が『北海道・北東北の縄文遺跡群』として世界文化遺産に登録された。

『縄文のムラ』には、復元された大型掘立柱建物、竪穴建物など数多くあり、建物内に入れる建物もある。大型掘立柱建物は、長方形の建物で村の集まり等に使われていたようで、5000年前後前に作られたとはとても信じられない。人間の進歩というものは凄いものだと改めて思わせられる。

この日は、日本三大霊山の1つ恐山の宿坊に予約してあるので、JRで乗り継ぎ下北駅で乗り換え、バスで恐山に向かう。早い到着しかない時刻表でのお陰もあり、早めに宿を取ることが出来た。いつも目いっぱいの行動で遅い宿のチェックインだが、やはり早めのチェックインはとてもいいもんだと、一人納得していた。

 

[日本一周Part4-2]へリンク

"日本一周 part4-1  東東北の旅=三内丸山遺跡・三陸海岸(三鉄の旅)" に2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA